多色なカプセル

バイアグラは、薬局やドラッグストアでは販売されていません。
コンドームのように手軽に買えるグッズではないということです。
バイアグラはED(勃起障害)治療薬の医薬品です。
薬価未基準未収載なので、保険適用外の薬に分類されています。
そのため、日本国内ではどこの医療機関に行っても自費診療の値段でしか処方してもらえません。
価格は医療機関が独自に決めますが、日本では50mgの錠剤が1錠で1,500円程度の相場になっています。
ちなみに、他のED治療薬もほぼ同じ価格です。
安価な薬ではないので、少しでも安く手に入れようとする方も出てきます。
そういう方たちが利用するのが、ネットの個人輸入代行業者です。
病院処方で買えるのですが、価格が高いためネット通販から購入します。
しかし、なかにはED治療薬の偽造グループやブローカーもいるのでニセモノを売りつけて大きな利ザヤを稼いでいるということも少なくありません。
インターネットで出回っているED治療薬の約半分がニセモノだったというショッキングなデータも出ており、もし個人輸入代行業者を通して個人輸入するのであれば、信頼性のある通販サイトで購入しなければいけません。
有効成分が多すぎたり、少なすぎたり、そもそも何も関係ない適当な粉を固めただけのニセモノ薬もあります。
ニセモノの製造拠点になっているのは、中国、韓国、タイ、などです。
ニセモノを作るときに中古のセメントミキサーを使ったり、バイアグラの錠剤の青色をつけるために青のペンキを入れて薬をつけたり、などしています。
明らかにニセモノだと判断できるものならば手を出さないでいれば良いですが、なかには本物と瓜二つに作られたものもあるので注意が必要です。
その他にも薬の費用を抑えたいというのであればカマグラゴールドというジェネリック医薬品が良いでしょう。
カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品であり、バイアグラと同じ主成分シルデナフィルが配合されています。
そのためバイアグラとほぼ同じ効果があり、ジェネリック医薬品であるということから費用も安く済みます。
個人輸入する場合でもカマグラゴールドの通販サイトから安価に購入することができます。
また、ED治療薬はバイアグラだけではありません。
バイアグラの他にもレビトラというED治療薬があります。
レビトラはバイアグラ同様、ED改善効果があります。
そして、レビトラはバイアグラに比べて即効性が高いという特徴があります。
このレビトラもネットの個人輸入が可能となっているED治療薬です。

このようにバイアグラ、カマグラゴールド、レビトラとED治療薬は複数ありますが、いずれも病院処方もしくは個人輸入で購入することができます。
自分に最適な医薬品と購入方法を選択しましょう。
また個人輸入・病院処方のいずれにせよ、副作用などのリスクはあるので少しでも異変を感じた場合は場合は直ぐ医師に相談するようにしましょう。

記事一覧

バイアグラは、その名前が広く知れわたっていることからも大方の人がその用途を知っているように、勃起障害...

自信を持っている男性

近ごろ下半身の自信がないので、ネットでバイアグラを買おうとしている人は気をつけた方が良いです。 ネッ...

笑顔の男性

勃起障害などのEDの症状については、精神的な要因によって引き起こされる可能性もありますので、心をリラ...

幸せなカップル

バイアグラは男性の味方で、その効果は下半身に対して集中的に発揮します。 具体的なバイアグラの効果は、...

薬を飲んでいる男性

世界的に有名なED治療薬のバイアグラは、勃起ができない人でも改善する可能性があり、発売当初は夢の薬と...